夜尿症とアラーム法

夜尿症と治療方法

アラームで知らせる方法

夜尿症とアラーム法

現在では以前と比べ、夜尿症にも様々な治療法が出てきています。

最近は、夜尿アラームという方法が、効果的だと注目を浴びています。

夜尿症の子どものために、夜中に一度起きて、子どもを起こして、トイレまで連れて行くかどうかという問題があります。

夜中におしっこが出てしまう前に、起こしてトイレに行かせておけば、確かに布団を汚されることがないので、毎日の家事負担が軽減されます。

子ども自身も、下着やパジャマを汚して、冷たい布団に寝ているよりは、良いのではないかという意見です。

一方、子どもが成長するためには、夜熟睡することが大切なので、子どもを起こさずしっかり睡眠をとらせることで、早く排尿器官が発達するだろうという意見もあります。

夜尿症のアラーム法は、おしっこが出るたびにアラームが鳴るので、子どもは熟睡していても、おしっこが出るとアラームが鳴ることで、自覚症状ができて、おしっこを我慢できるようになるという治療法です。

下着に直接器具を付け、下着が濡れるとアラームやバイブ音が鳴って知らせてくれます。

親はアラームが鳴ったら一旦起きて、それを止めないといけないので、結局眠れないのですが、子どもは起きないことがほとんどです。

6週間も継続すると、効果が表れることが多いといいます。

Copyright (C) www.kirei-yaseru.net. All Rights Reserved.

夜尿症と治療方法